大和の三名園の一つとして知られる、国指定の史跡・名勝。
當麻寺中之坊庭園「香藕園」修理プロジェクト。

  • stars集まっている金額
    ¥3,420,000
    (目標 ¥7,000,000)
  • flag目標達成率
    48%
  • local_offer購入数
    127
  • watch_later残り時間
    00 00:00:00
商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
 昭和九年(1934)、国の史跡・名勝に指定された當麻寺中之坊庭園「香藕園」が、経年劣化により、大規模な改修が必要となりました。そこで、令和六年度(2024)から5カ年計画で大規模改修を実施することとなりましたが、工事費用が莫大なため、国・奈良県・葛󠄀城市の助成金に頼りながらも資金が及びません。この貴重な庭園を後世に守り受け継いでいくために、本プロジェクトへのご支援をよろしくお願いいたします。
    • 當麻寺中之坊 貫主:松村實昭師ご挨拶

    • 蓮・睡蓮の華が美しい池泉回遊式庭園を、後世に守り受け継いでいくために。

    •  當麻寺中之坊庭園「香藕園(こうぐうえん)」は、安土桃山時代(桃山期)に作庭され、さらに、江戸時代初期に第四代将軍家綱の茶道指南役であった茶道石州流の祖・片桐石州(片桐貞昌)によって、現在の姿に改修されました。
       「藕(はす)香る園」の名のとおり、蓮や睡蓮の華が美しい池泉回遊式庭園の内庭と、山の斜面に造園された外庭が低い築地塀(ついじべい)で区切られ、奈良時代に建立された三重塔「東塔」〈国宝〉を借景とした名庭です。
       大和の三名園の一つに数えられ、昭和九年(1934)、国の史跡・名勝に指定されましたが、経年劣化により、池水漏れ修理や池水路整備、土塀・石組の修復、植栽整備など、大規模な改修が必要となりました。
    •  當麻寺中之坊では、令和六年度(2024)から5年の歳月をかけて大規模改修を計画しています。しかし、莫大な工事費用がかかるため、国・奈良県・葛󠄀城市の助成金に頼りながらも、まだまだ資金が及びません。
       この貴重な庭園を後世に守り受け継いでいくために、皆さまの本プロジェクトへのご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。
       合 掌


      當麻寺中之坊 貫主 松村實昭



    • <応援メッセージ>株式会社ツムラ様

    • 中将姫ゆかりの史跡を後世に守り受け継ぐ

    •  弊社株式会社ツムラは、明治二十六年(1893)、「中将湯本舗 津村順天堂」として東京日本橋で創業いたしました。以来130年間に渡り、和漢婦人薬『中将湯』は、多くの皆様にご愛顧いただいております。
       創業者である津村重舎は、奈良県宇陀郡伊那佐村(現在の奈良県宇陀市)の出身であり、母方の実家である藤村家(宇陀郡榛原町)は、藤原氏の家系であったことから、藤原豊成の娘である中将姫様が、生家を出て最初に身を寄せた先であると言われています。その後、中将姫様は當麻寺に入り、仏道修行の傍ら、人助けになるとの教えのもと、薬草や薬方の知識を身に着ける間も往来があり、中将姫様からお伝えいただいた薬方は、藤村家の家伝薬として子孫代々に受け継がれました。この家伝薬は施薬として人々に配られ、たいへん喜ばれていたようです。
       津村重舎は、幼い頃からこの薬の卓効を見聞きしており、「中将湯は奈良朝時代の祖先より伝来の婦人薬にして卓絶の偉功あり。世の斯病者を救済するは社会公益の一端にもなりて意義ある事業なり」と確信して、婦人科の医学博士佐伯理一郎先生による処方改良により誕生した中将湯を、日本全国へ広めるべく事業に邁進しました。
       「漢方のツムラ」としての事業の原点は、まさに和漢婦人薬『中将湯』であり、中将姫様の御恩に感謝し、御恩に報いるべく、「自然と健康を科学する」という経営理念のもと、日本の伝統医療である「漢方」を通じて、人々の心と体の健康に貢献すべく事業に専念いたしております。
       この度、中将姫様ゆかりの史跡である當麻寺中之坊庭園の老朽化が深刻であることを知りました。何世紀にも渡り、風雪に耐え、自然災害等を乗り越えて来られた當麻寺中之坊様の歴史的価値のある文化財や建物、景観は、後世に受け継がれていかなければなりません。これから庭園「香藕園」の池水まわりの修理・整備から始め、五年間に亘り工事が行われます。
       中将姫様ゆかりの史跡を守り受け継ぐための「クラウドファンディング」が立ち上がります。ご賛同・ご支持くださる方々のお力で、後世に守り受け継がれますことを心より祈念申し上げます。


      株式会社ツムラ 代表取締役社長CEO 加藤照和



    • <応援メッセージ>さだまさし様

    • 大好きな不思議の寺・當麻寺。中之坊の名庭園を守るために

    •  折口信夫の小説「死者の書」の舞台としてよく知られた當麻寺中之坊の歴史的名庭園、「香藕園」修復の為のクラウドファンディングが始まったと聞き、精一杯の応援をしようと思っています。
       僕の大好きな當麻寺は誠にたくさんの不思議に満ちた名刹です。珍しい「真言宗と浄土宗の並立寺」とされています。並立とされたのは南北朝以後のことらしく、その経緯も謎ですが、どうもこの寺の代名詞と言われる、中将姫伝説で名高い「當麻曼荼羅」にあるようです。その「當麻曼荼羅」そのものもまた深い謎に満ちています。
       謎は他にも沢山あります。例えば日本のお寺の梵鐘が「形式化」されるよりずっと以前に作られた梵鐘が存在しますがこれも謎です。そして何より、奈良・平安時代に建立された三重塔、東塔・西塔が二棟とも現存している日本で唯一のお寺なのです。そうです當麻寺は開創1400年とされるほどの、日本でも屈指の古刹なのです。
       是非ともこのお寺の素晴らしさを、是非ご自身で一度ご覧になってください。當麻寺を通して日本の歴史に思いを馳せ、ご自身の目と感性でどうぞ歴史の不思議さとゆっくり向かい合ってください。掘れば掘るほど深く、探せば探すほど遠ざかる奈良時代、平安時代の歴史の面白さと向かい合ってください。日本にとって、とても大切な不思議の寺、當麻寺の美しい名庭園がピンチです。どうか文化を守るためにもあなたのお力をお貸しください。
       このお寺の宝物は沢山ありますが、僕にとっては「陀羅尼助」の力があります。日常生活でも健康の元、個人的にですが必携のお薬なのです。中之坊にはご住職の子供の頃まで「陀羅尼助」が製造されていた大きな釜があります。これは僕の個人的重要文化財です。
       また、香藕園の修復ののち、稲荷社の屋根替え、中将姫掛け軸の修復と、5年がかりの困難が待ち構えていますが、何卒お力添えをいただき、この名刹を守り、支えたいと思います。
       どうぞご協力をお願いいたします。


      さだまさし拝



    • 中之坊庭園「香藕園(こうぐうえん)」について

    • 庭園、書院、茶室「丸窓席」。後西院をもてなした茶人・片桐石州のこだわり。

    •  国指定の史跡・名勝である「香藕園」は、桃山期に作庭された庭園を、江戸時代に大和小泉藩主で茶道石州流の祖・片桐石州が、後西院(ごさいいん:第百十一代・後西天皇)の行幸に合わせて改修した庭園です。
    •  後西院(後西天皇)は後水尾(ごみずのお)天皇の第八皇子で、まだ幼かった異母弟(後の霊元天皇)が即位するまで中継ぎの天皇として即位しました。和歌・書道・茶道・香道に精通した天皇でしたが、在位中に伊勢神宮・大阪城・内裏の炎上、明暦の大火など災害が多発したため譲位を強いられた不運な天皇です。第五十三代・淳和(じゅんな)天皇(西院帝)に境遇が似ていたことから、後に「後西院」の追号が贈られました。
       後西院の玉座が置かれていた書院(国・重文)の主室「御幸の間(みゆきのま)」は、「香藕園」の内庭を回遊しながら内観を見学できます。また、書院の一部の部屋では、お抹茶をいただくこともできます。
    •  茶室「丸窓席(まるまどせき)」(国・重文)は、後西院をもてなすために石州が作った茶室で、直径約1.8mの大きな丸窓や小さな床の間、千利休が好まなかったといわれる竹材をあえて使うなど、石州の独創性が随所に見られます。


    • 當麻寺中之坊について

    • 『綴織當麻曼荼羅』伝説が息づく當麻寺。中将姫剃髪の地と伝わる最古の塔頭・中之坊。

    •  當麻寺には、奈良時代の貴族、藤原豊成の娘・中将姫(ちゅうじょうひめ)が、當麻寺で出家し、五色に染め上げた蓮糸を用いて『綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)』を織り上げたという伝説が今も息づいています。その物語は、中将姫をモデルとした折口信夫(おりぐちしのぶ)の幻想的な小説『死者の書』でも知られています。
    •  當麻寺最古の塔頭・中之坊の剃髪(ていはつ)堂には、中将姫の守り本尊「導き観音(十一面観音像)」が祀られ、右手に持つ「五色ひも」で繋がって観音さまとご縁を結びます。また、霊宝殿には、日本最古の剃刀とされる「中将姫剃髪剃刀」など、中将姫ゆかりの宝物が展示されています。
    •  
    • 當麻寺の歴史と魅力について

    • 開創1400年、歴史の変遷を乗り越えてきた當麻寺。訪れる度に発見がある不思議な魅力。

    •  當麻寺の歴史は古く、推古天皇二十年(612)に聖徳太子の弟・麻呂子親王(まろこしんのう)が河内の地に建立した万法蔵院を起源とし、飛鳥時代後期(白鳳期)に修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)から當麻の私領の寄進を受け、本尊・弥勒仏を祀る金堂、講堂を建立したのが、現在の當麻寺のはじまりです。
       奈良時代に入ってから東塔、西塔、中院(現・中之坊)など徐々に伽藍が整えられ、中将姫伝説で知られる『綴織當麻曼荼羅』が表されました。平安時代に密教文化が栄え、真言宗の大寺院に発展し、中世以降は『當麻曼荼羅』が注目されたことから曼荼羅信仰の寺として栄えました。このころに真言宗の當麻寺に浄土宗が同居するようになり、現在も二つの宗派の塔頭寺院で護持されています。
    •  金堂(国・重文)の本尊・弥勒仏坐像〈国宝〉は日本最古の塑像、四天王立像(国・重文)の内の三体は日本最古の乾漆像です。土壇の須弥壇とともに飛鳥時代後期(白鳳期)に造られました。治承四年(1180)平重衡による南都焼討の戦火に遭いながらも奇跡的に遺された貴重な文化財です。
    •  中将姫が蓮糸で織り上げたと伝わる『綴織當麻曼荼羅(根本曼荼羅)』〈国宝〉は、損傷が甚大なため拝観はできませんが、この根本曼荼羅が安置されていたと伝わる、本堂(曼荼羅堂)の當麻曼荼羅厨子〈ともに国宝〉に室町時代の転写本『絹本着色當麻曼荼羅図(文亀本)』(国・重文)が本尊として祀られています。講堂には、本尊・阿弥陀如来坐像(ともに国・重文)をはじめ、平安時代~鎌倉時代初期に造像された仏像群が祀られています。本堂(曼荼羅堂)・金堂・講堂は「伽藍三堂」と呼ばれ、公開されています。
    •  三重塔「東塔」〈国宝〉は奈良時代後期、同じく「西塔」は平安時代の建築とされ、古代の東西両塔が現存するのは當麻寺だけです。一般的に九輪の相輪が八輪であったり、水煙の文様が東塔では魚骨、西塔では未敷蓮華(みぶれんげ・蕾の蓮)とあしらいが違ったり、飛鳥時代後期(白鳳期)に製作されたとみられる舎利容器が西塔の心柱(しんばしら)頂上で発見されるなど、謎が多い建造物です。
       また、寺院の堂塔伽藍は南を正面に建造されるのが一般的ですが、當麻寺に南大門はなく、山門は東大門です。金堂と講堂は南向きに前後に並んでいますが、曼荼羅堂(本堂)へは東大門から入り東から西へと向かうので、前後に並んでいる金堂・講堂を左右に見ながら進むことになり、不思議な感覚をおぼえます。中世以降、信仰の対象が『當麻曼荼羅』へと変遷していく中で、寺院の向きも南向きから東向きに移っていったといわれています。
       葛城・當麻は、役行者の最初の修行地で、世界遺産の吉野・大峯と並ぶ修験の二大聖地といわれています。中之坊境内奥には、鎮守社として古代豪族・葛城氏が丹波の地で祭祀していた豊受大神(とようけのおおみかみ)を祀る稲荷社と、役行者が熊野から勧請(かんじょう)した龍神を祀る龍王社があります。
    •  また、中之坊に役行者の秘薬「陀羅尼助」の製法が伝わり、昭和時代初期まで精製していたことから、中之坊は「陀羅尼助」発祥の地といわれています。そして、當麻寺と當麻寺中之坊は、令和二年(2020)に認定された日本遺産『「葛城修験」−里人とともに守り伝える修験道はじまりの地−』の構成文化財となっています。
       當麻寺は、牡丹(ぼたん)の名所でも知られ、各塔頭の裏庭に植えられています。中之坊の「ぼたん園」には約1,200株の牡丹が植えられ、毎年4月下旬~5月初旬の見頃には、たくさんの参拝者や観光客が訪れます。



  • 新着情報

    さだまさし様から応援メッセージをいただきました!
    2024/03/02 17:49:39
    さだまさし様から応援メッセージをいただきました!
     2009年に友人たちと當麻寺を訪れ、貫主:松村實昭師の「當麻曼荼羅」絵解きを拝聴したことをきっかけに師と親交を深めた、さだまさし様から応援メッセージをいただきました。

    <応援メッセージ>
     折口信夫の小説「死者の書」の舞台としてよく知られた當麻寺中之坊の歴史的名庭園、「香藕園」修復の為のクラウドファンディングが始まったと聞き、精一杯の応援をしようと思っています。
     僕の大好きな當麻寺は誠にたくさんの不思議に満ちた名刹です。珍しい「真言宗と浄土宗の並立寺」とされています。並立とされたのは南北朝以後のことらしく、その経緯も謎ですが、どうもこの寺の代名詞と言われる、中将姫伝説で名高い「當麻曼荼羅」にあるようです。その「當麻曼荼羅」そのものもまた深い謎に満ちています。
     謎は他にも沢山あります。例えば日本のお寺の梵鐘が「形式化」されるよりずっと以前に作られた梵鐘が存在しますがこれも謎です。そして何より、奈良・平安時代に建立された三重塔、東塔・西塔が二棟とも現存している日本で唯一のお寺なのです。そうです當麻寺は開創1400年とされるほどの、日本でも屈指の古刹なのです。
     是非ともこのお寺の素晴らしさを、是非ご自身で一度ご覧になってください。當麻寺を通して日本の歴史に思いを馳せ、ご自身の目と感性でどうぞ歴史の不思議さとゆっくり向かい合ってください。掘れば掘るほど深く、探せば探すほど遠ざかる奈良時代、平安時代の歴史の面白さと向かい合ってください。日本にとって、とても大切な不思議の寺、當麻寺の美しい名庭園がピンチです。どうか文化を守るためにもあなたのお力をお貸しください。
     このお寺の宝物は沢山ありますが、僕にとっては「陀羅尼助」の力があります。日常生活でも健康の元、個人的にですが必携のお薬なのです。中之坊にはご住職の子供の頃まで「陀羅尼助」が製造されていた大きな釜があります。これは僕の個人的重要文化財です。
     また、香藕園の修復ののち、稲荷社の屋根替え、中将姫掛け軸の修復と、5年がかりの困難が待ち構えていますが、何卒お力添えをいただき、この名刹を守り、支えたいと思います。
     どうぞご協力をお願いいたします。

    さだまさし拝

出品者のプロフィール

當麻寺中之坊

當麻寺中之坊

 當麻寺は、開創1400年の歴史ある古刹です。推古天皇二十年(612)河内の地に建立された万法蔵院を起源とし、飛鳥時代後期(白鳳期)に大和の地に遷され、當麻氏の氏寺となりました。金堂本尊・弥勒仏坐像〈国宝〉は日本最古の塑像、四天王立像(国・重文)の内3体は日本最古の乾漆像です。そして、奈良時代に當麻寺で尼僧となった中将姫が蓮糸で織り上げたと伝わる『綴織當麻曼荼羅』伝説が今も息づいています。中之坊は、當麻寺最古の塔頭で、中将姫剃髪の地として知られ、剃髪堂には、中将姫の守り本尊「導き観音」が祀られています。
商品
中将姫剃髪堂にご芳名を奉納 *特別御朱印授与
¥10,000 (税込・送料込)
残り 47
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
美術散華(3枚組)を進呈 *ご芳名奉納と特別御朱印授与
¥20,000 (税込・送料込)
残り 34
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
津田實英著『當麻寺中将姫一代記 蓮(はちす)の栞』を進呈 *ご芳名奉納と特別御朱印授与
¥30,000 (税込・送料込)
残り 42
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
藤懸静也作『版画 當麻三趣』を進呈 *ご芳名奉納と特別御朱印授与
¥30,000 (税込・送料込)
残り 41
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
毎月1日の朝勤行にてご祈願(1年間) *ご芳名奉納と特別御朱印授与
¥30,000 (税込・送料込)
残り 19
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
毎月1日の朝勤行にて先祖供養(1年間) *ご芳名奉納と特別御朱印授与
¥30,000 (税込・送料込)
残り 49
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
中之坊貫主:松村實昭師揮毫の色紙を進呈 *ご芳名奉納と特別御朱印授与
¥50,000 (税込・送料込)
残り 16
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
<体験A 2024年9月6日(金)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&香藕園修理特別見学会(所要時間:約90分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 6
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
<体験A 2024年9月7日(土)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&香藕園修理特別見学会(所要時間:約90分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 7
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
<体験B 2024年9月8日(日)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&「中将姫御影」版画体験(所要時間:約180分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 10
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
<体験B 2024年9月9日(月)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&「中将姫御影」版画体験(所要時間:約180分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 10
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
<体験C 2024年10月4日(金)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&絵解きと写仏写経会(所要時間:約160分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 6
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
<体験C 2024年10月5日(土)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&絵解きと写仏写経会(所要時間:約160分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 10
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
<体験D 2024年10月6日(日)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&丸窓席・お抹茶体験(所要時間:約100分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 10
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
<体験D 2024年10月7日(月)13:00>伽藍三堂と中之坊拝観&丸窓席・お抹茶体験(所要時間:約100分)
¥50,000 (税込・送料込)
残り 9
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
仏師の手彫りによる「板彫り中将姫像」 *ご芳名奉納と特別御朱印授与
¥200,000 (税込・送料込)
残り 7
詳細を見る
ご提供予定時期:2024年6月末日まで
FAQ・ヘルプ

商品一覧

  •  ご支援者のご氏名を、中将姫の守り本尊「導き観音」を祀る中之坊剃髪堂に奉納し、芳名録に記帳します。また、「無量寿佛極楽世界清浄佛土」「當麻寺中之坊香藕園」の御朱印に、正岡子規の高弟として名高い俳人:河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)が中之坊を訪れた折に詠んだ句「吹きさらされて塔の朱の肘木の肘の張り」を揮毫した特別御朱印を進呈します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥10,000
    • 残り
      47
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで
  •  書家:森 大衛(もりだいえい)氏による「極(北極星)」の書、日本画家・仏画家:中村幸真(なかむらこうしん)氏による「太(東の守護神・青龍)」「和(西の守護神・白虎)」を描いた美術散華(3枚組)を進呈します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥20,000
    • 残り
      34
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで
  •  中之坊貫主:松村實昭師の祖父・實照師の師にあたる津田實英師が著した『當麻寺中将姫一代記 蓮の栞』を進呈します。明治二十九年(1896)初版から昭和四十年(1965)第14版まで増刷を重ねたロングセラーです。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥30,000
    • 残り
      42
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで
  •  浮世絵の研究家としても知られる日本美術史学者:藤懸静也(ふじかけしずや1881-1958)氏の作、 著名な京版画師:徳力富吉郎(とくりきとみきちろう1902-2000)の摺りによる「東塔と香藕園」「茶室・丸窓席」「二上山の落日」をモチーフにした多色摺りの木版画『版画 當麻三趣』を進呈します。※昭和時代初期に制作された作品のため、畳紙(たとうし:作品保護のための間紙)などに多少の汚れのある場合があります。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥30,000
    • 残り
      41
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで
  •  中将姫の守り本尊「導き観音」を祀る中之坊剃髪堂で毎日行われる朝勤行のうち、毎月1日に行われる朝勤行にてご支援者のお名前を読み上げ、所願成就を1年間祈願します。願意(ねがいごと)は3願までお申し込みいただけます。4願以上のご祈願をご希望の場合は、別途一口追加のご支援をお願いいたします。※詳細は別途ご案内します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥30,000
    • 残り
      19
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで
  •  中将姫の守り本尊「導き観音」を祀る中之坊剃髪堂で毎日行われる朝勤行のうち、毎月1日に行われる朝勤行にてご支援者の家名を読み上げ、ご支援者のご先祖様を1年間供養します。家名(またはお戒名)は3件までお申し込みいただけます。4件以上のお供養をご希望の場合は、別途一口追加のご支援をお願いいたします。※詳細は別途ご案内します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥30,000
    • 残り
      49
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで
  •  「善哉(よきかな)」とは、お釈迦さまが説法する中で弟子に質問をされ、弟子が意を得た答えを返すと「善き哉、善き哉」と褒めたという故事から生まれた言葉です。仏さまが人間の善い行いを褒めてくださるこの言葉を中之坊貫主:松村實昭師が色紙に揮毫し、進呈します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      16
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、国指定史跡・名勝の庭園「香藕園」の修理・修復の現場を見学します。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      6
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、国指定史跡・名勝の庭園「香藕園」の修理・修復の現場を見学します。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      7
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、中之坊に伝わる江戸時代の版木「中将姫御影」の手摺り木版画を体験します。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、中之坊に伝わる江戸時代の版木「中将姫御影」の手摺り木版画を体験します。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、天井絵が美しい写仏道場にて、當麻寺伝統の絵解き節「當麻曼荼羅絵解き」と写仏(または写経)を体験します。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      6
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、天井絵が美しい写仏道場にて、當麻寺伝統の絵解き節「當麻曼荼羅絵解き」と写仏(または写経)を体験します。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、片桐石州が後西院(後西天皇)をもてなすために作った茶室「丸窓席」でお抹茶をいただきます。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  僧侶のご案内で、本堂(曼荼羅堂)、金堂・講堂の諸尊、中之坊を拝観後、片桐石州が後西院(後西天皇)をもてなすために作った茶室「丸窓席」でお抹茶をいただきます。*ご芳名奉納と特別御朱印授与。※詳細は別途ご案内します。所要時間は目安です。多少前後する場合があります。やむをえない事情により開催できない場合は事前に日程の変更をご連絡します。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥50,000
    • 残り
      9
    ご提供予定時期:2024年6月末日までにご案内をお送りいたします。
  •  當麻寺中之坊所蔵の「中将姫廿九歳御真影」(鎌倉時代・奈良県指定有形文化財)をもとに、京仏師・三浦耀山氏が、一枚一枚手彫りする中将姫レリーフ(浮き彫り)を進呈します。三浦耀山氏は、仏像彫刻工房「土御門仏所(つちみかどぶっしょ)」を主宰する仏師で、當麻寺中之坊では「仏像彫刻教室」の講師を務めています。近年では、ドローンに仏像を乗せて阿弥陀来迎を表現する「ドローン仏」プロジェクトで話題となり、数々のメディアでも紹介された仏師です。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥200,000
    • 残り
      7
    ご提供予定時期:2024年6月末日まで

特定商取引法に基づく表示

    販売事業者名
    株式会社アド近鉄

    販売事業者所在地
    543-0071大阪市天王寺区生玉町3-10

    代表者
    杉本昌弘(スギモト マサヒロ)

    連絡先
    メール:yell-rail@ad-kintetsu.co.jp
    TEL:06-6774-5444
    ※プロジェクトや商品についてお問い合わせの際は、起案者プロフィール欄のメールアドレスからご連絡ください。

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品等の引き渡し時期(日数)・発送方法
    プロジェクト募集終了日から6ヶ月以内・発送
    ※詳細は各プロジェクトページの「ご提供予定時期」をご覧ください。

    お支払い方法
    《決済手段》
    クレジットカード
    コンビニ決済

    《支払時期》
    本プロジェクトは実行確約型です。
    商品購入時に決済が行われます。

    商品代金以外に必要な費用 /送料、消費税等
    送料無料 (商品代金に含む)

    返品の取扱条件/返品期限、返品時の送料負担または解約や退会条件
    《返品の取扱い条件》
    輸送による商品の破損および発送ミスがあった場合のみ返品可。
    商品到着後14日以内に弊社までご連絡いただいた後、
    弊社または起案者から連絡のある返送先へご返送下さい。

    不良品の取扱条件
    商品受取時に必ず商品の確認をお願いいたします。
    商品には万全を期しておりますが、万が一下記のような場合にはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    ・申し込まれた商品と異なる商品が届いた場合
    ・商品が汚れている、または破損している場合
    上記理由による不良品は、
    商品到着後14日以内に弊社までご連絡いただいた後、
    弊社または起案者から対応方法をお客様宛にご連絡致します。